未分類

福岡の「八幡餃子」の特徴は

投稿日:2017年9月20日 更新日:

九州地方の一番北東側には、八幡という地域があります。そこでは、八幡餃子という名物の食品があるのです。八幡餃子は、一般的な餃子とは一味違う点がいくつもあります。特徴についていご紹介していきます。

八幡餃子のサイズ

八幡餃子は、関東エリアの餃子と比較される事もよくあります。関東の北部エリアは餃子が名物なのですが、そこと比べると八幡餃子はやや小さめなのです。

調味料に"柚子胡椒"

それと調味料にも大きな特徴があります。九州地域には、柚子こしょうと呼ばれる薬味があります。柚子といえば非常に爽やかな食材ですが、その中にも少々ピリッとした辛さがあるのが特徴的です。ちなみに柚子こしょうは、歴史自体はそれほど古い調味料ではありません。しかし九州の数多くの食材では、積極的に使われている調味料なのです。主にお刺身や鍋料理や麺類などに使われている傾向がありますが、八幡餃子も例外ではありません。他の地域の餃子では、柚子こしょうが使われている事はめったにありません。それも八幡餃子の特徴の1つと言えます。

八幡餃子の4つのジャンル

八幡餃子は、4つのジャンルが存在するのです。鉄なべ系と中国本土系とラーメン系とお母さんの味系という4種類があります。

鉄なべ系

まず1つ目の鉄なべ系は、鍋の上に餃子が2列に並べられている特徴があります。昔は主に中華料理店で餃子が提供されていましたが、日本人向けに様々な工夫を重ねた結果、鉄鍋に乗せる料理が完成した訳です。ちなみにラードを使わないのも、鉄なべ系の大きな特徴の1つです。

ラーメン系

それとラーメン系は、八幡餃子の中でもラーメン店で発展したタイプになります。水を使って餃子を焼くのではなく、豚骨スープを使うのが特徴的です。それだけに、独自の旨味があるタイプと言えます。

中国本土系

それと中国本土系は、まさに中国から渡ってきた餃子そのものになります。他のタイプの八幡餃子とは違って、やや皮が厚めになっているのです。

お母さんの味系

そしてお母さんの味系は、その表現通り家庭料理が起源になっているタイプとなります。主に食堂で提供されているのが、特徴的です。お母さん系の餃子の場合は、総じて甘みに特徴があります。初めて食べた方々は、その甘みで驚いている事さえある位です。というのもお母さん系の餃子の中には、多くの野菜類が入っています。それだけに一般的な餃子と比べて、少々甘みが強いのが特徴的です。これらの餃子は、主に八幡の東側の地域で食べる事はできます。現時点では、約20店以上の所で、その餃子を食べる事ができます。

-未分類

Copyright© 美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.