一度食べるとやめられない。和商コーポレーションの餃子のことを調べてみました。

美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて

未分類

冷凍餃子と手作りの違い

投稿日:

餃子には冷凍のものや手作りのものがありますが、このふたつは何が違うのかというとひとつは単純に凍らせているかどうかという違いがあります。
冷凍餃子は一般的に機械で生産をされているものだと思われがちですが、必ずしもそうではなく単純に凍らせているかどうかでしかないので、ひとつひとつ手で作っていたとしても凍らせていれば冷凍餃子ということになりますし、機械で作っていても凍らせていなければ普通の餃子ということになります。
そのため、一番の大きな違いは凍らせているかどうかという物が大きいと考えるのが良いでしょう。

ただし、一般的に言うのであれば冷凍食品として売り出されているものは、機械で生産をしていることが多いので、凍っていることがイコール手作りではないという認識であってもそれはそれで大きく間違っているというわけではありません。
それでは、手作りというのはどのようなものを指すのかというと、これは文字通り人間の手によって作られたものですが、必ずしも機械に頼っていないとは限りません。
皮や餡を作る部分に関しては機械で行って最後の包む部分だけを人間が行っているということもありますし、逆のそれらを全て一から作っているという場合もあります。
餡と包むのは人が行っていて、皮だけは機械に作らせるということも多いものです。

一点だけほぼここだけは人間が行なうという部分に言えることは、包む作業でありこれを機械化していなければ手作りとうたう傾向にあるといえます。
包む作業を機械にさせるのか人間にさせるのかによって味にどれだけ大きな違いが生まれるのかというところはありますが、購入をする側の心理からすればひとつひとつ手で包まれていたほうがより美味しく感じられるように思うものです。
販売する側もそれを考えて作っているので、他の部分は自動化をしたとしても包む作業だけは人間が行っているということがおおくあります。
餡に関しては人間が練るよりも機械に行わせたほうが均質になったり、味のばらつきが出にくいという部分がありますから、機械にさせたほうがいい部分もありますが最後の包む作業だけは人間が行って完成というものは多くあります。

このようにふたつの違いというのは凍らせているのかどうかという大きな違いがあり、その次に作業工程で機械にさせるのかあるいは人間がひとつひとつ作っているのかという差があるものとなっていますから、知識として覚えておくと役に立つかもしれません。

-未分類

Copyright© 美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.