一度食べるとやめられない。和商コーポレーションの餃子のことを調べてみました。

美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて

未分類

餃子に入れると美味しくなる意外な食材3選

投稿日:

餃子は子供から大人まで年齢に関係なくみんなが大好きな食べ物の一つと言えます。通常の材料を使って作った餃子ももちろんおいしいですが、エビやチーズを入れて作るのもおいしく、このような作り方をしている人も多いでしょう。しかしこれらのほかにも、餃子に入れるとおいしくなる意外な食材があるのです。そこで今回はその意外な食材を3つご紹介いたします。

一つ目の意外な食材はピーマンの種とワタの部分です。料理を作る時には捨ててしまうこの部分ですが、ひき肉などと一緒に混ぜることでピーマンの種のプチプチとした食感が良いアクセントとなり、ワタの部分もほのかな苦みがうまみへと変わります。一緒に長ネギの青い葉を入れることで、長ネギの香りと相性の良い餃子を楽しむことができます。長ネギの青い葉の部分を切ってみると、透明なゼリー状のねばねばとしたものが出てきますが、これはうまみ成分であり、加熱すると甘みに変わるため、ぜひとも入れておきたいものと言えます。

二つ目の意外な食材はカブの葉です。ひき肉にカブの葉を加えることで、カブの葉のシャキシャキ感とみずみずしさを楽しむことができます。風味があっさりしているので、香り豊かなキノコを入れることで、味わいに深みが出るでしょう。カブの葉を入れる時にはみじん切りではなく小口切りにしましょう。この切り方をすることで、みずみずしい食感を生かすことができます。
三つ目の意外な食材は、セロリの葉です。ひき肉にセロリの葉を入れることで、食べた瞬間にセロリの香りを楽しむことができます。セロリだけでは個性が強すぎてしまうので、一緒にくるみを入れてみましょう。これによってセロリの強い香りをくるみが受け止め、味のバランスを整えることができます。くるみの食感を楽しみたいのであれば、大きめに砕いて入れてみるとよいでしょう。

これらの材料を使用するときには押さえておきたいポイントもあります。まずはよく刻むようにしましょう。野菜の葉っぱや皮、キノコなどは繊維が気になる場合があります。その場合にはよく刻んで混ぜるようにしましょう。そして野菜の葉や種の香りを楽しむためにも、にんにくは入れないようにしましょう。同じ薬味でもおろしショウガやショウガの絞り汁は、味全体をまとめることができるので、入れてもよいでしょう。最後にひき肉と野菜の葉や種の割合は、1対1を目安にしましょう。この割合が、最もおいしい割合であるともいえます。

-未分類

Copyright© 美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.