一度食べるとやめられない。和商コーポレーションの餃子のことを調べてみました。

美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて

未分類

皮にこだわるだけで餃子は格段に美味しくなる理由

投稿日:

中華料理の定番メニューであり、家庭にも定着した餃子は多くの人に愛されている料理です。
その魅力はいくつもありますが、皮は重要な要素であることは間違いありません。材料や作り方にこだわれば、餃子の美味しさは格段に良くなります。

その理由はと言うと、第一に感触です。
そもそも原材料に使われているのは、小麦粉、水食塩です。小麦粉を更に詳しく見てみると、薄力粉と強力粉を使うのが一般的です。小麦粉は水を混ぜてこねることで、独特の粘り気、弾力を作り出すことができるのですが、それはグルテンという成分によってつくりだされるものです。グルテンは加熱すれば固くなるので、餃子は焼き上がりがバラバラになることなく更に弾力のあるものになるのです。
小麦粉であれば、どれでも同じような感触になるのではないかと思うかもしれませんが、小麦粉はつくられたときの気候や土壌などの条件で品質が違い、グルテンを多く含む良い小麦粉を使うことで、食感に大きな違いが出てきます。
そして、焼いたときにはパリパリとした食感を楽しむことが出来ます。弾力と心地よい歯ごたえの両方を楽しむ事ができるので、味だけでなく、食感そして耳で食欲を刺激することが可能になるんです。なにより口に含んだときにまず味わうのはこの皮なので、弾力がなくボソボソとした感触では食欲を大いに損ねてしまうものです。

では、どのような弾力と歯ごたえが最適なのかというのは、調理方法によっても変わってきます。日本では馴染みのある焼いて食べるのが普通ですが、本場中国では水餃子にして食べるのが主流です。そうなれば茹でても破れないように厚く弾力が強い皮にすると良いでしょう。小麦粉の配合を工夫していくことで、このように様々な変化をもたらすことが出来るのでこだわることで美味しくすることができるのです。
第二の理由を考えると、中の具の美味しさを閉じ込めるという点にあります。

中に包まれている餡は、焼いたり茹でたりすることで中に火が通ります。そうなればキャベツや肉の汁が混ざり合い、美味しいスープになるのです。もし、薄くて破れやすいと、その美味しいスープがこぼれてしまいますし、水分が外に出てしまうと中で蒸し焼き状態にすることもできません。穴が開いていれば焼く時に使用した油が中にしみて味が変わってしまいます。
丁寧に皮をつくることで、口の中で噛んだときに、スープといい具合になった餡を楽しむことが出来るのです。
名店と呼ばれる中華料理店では、このことをよく理解しているので、業者向けの既製品を購入するのではなく、小麦粉の品質からこだわり、配合を考えて最高の皮を一から手作りをするのです。

-未分類

Copyright© 美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.