一度食べるとやめられない。和商コーポレーションの餃子のことを調べてみました。

美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて

未分類

冷凍餃子を美味しく作るポイント

投稿日:

冷凍しておくための餃子の作り方は、一度焼いたり蒸したりしたものを保存する場合と、生のままの状態で冷凍する方法があります。生で冷凍用を作る時、市販のものを利用したりせず皮から手作りする場合には、皮はなるべく粘りのないように作ります。浮き粉と強力粉を半々ぐらいにします。中に入れる餡は豚肉や鶏肉、細かく刻んだ野菜等好みのものを用意しますが、豚肉は生のまま凍らせると肉の臭みが強くなるので、軽く湯通ししたり、他の食材と一緒に炒めて薄味をつけておきます。おろしショウガを入れたり鶏肉を多くするのも良いです。野菜はすり下ろしたり細かく刻んでおくのがポイントです。特にニンジンやレンコンなどの根菜類は一度凍らせるとスカスカになってしまい美味しくなくなってしまうので、白身魚等と一緒にすりつぶしたりミンチにかけたりしておきます。よく混ぜ合わせた材料を同じ大きさになるようにスプーンなどを使ってわけて、その餡を皮で包んでいきます。

焼くときのことを考えて同じように向きを揃えて並べ、使用するフライパンやフライ返しの大きさ、一度に焼く量を考えて適量ずつまとめて保存しておきます。時間のある時に大量に作っておくと便利ですが、保存はフライパンにのせた時に底面にきちんとつくように平らな容器に並べて凍らせるようにします。しっかり密封しておけば2~3週間は大丈夫です。
また、一度蒸した餃子を冷凍しておくと肉の臭みが少なくなるので便利ですが、蒸す時には完全に蒸してしまうのでなく、出来上がる手前で火を止めます。余熱で中に火がとおります。蒸して冷凍したものは水餃子などで頂くのがお薦めです。
美味しく焼くにはちょっとしたコツがあります。

先ずフライパンを十分熱してから、油を大さじ5~6杯たっぷりと引きます。この時にごま油を少々混ぜるのがポイントその1です。香ばしいごまの香りがする上に味も美味しく出来上がります。餃子は凍ったままフライパンに並べます。すぐにその上から熱湯をまんべんなくかけます。油の上に湯を注ぐので一気に蒸気があがりますから火傷をしないように気をつけます。ここがポイント2ですが、餃子の二分の一が隠れるくらい熱湯をかけたらフライパンに蓋をして強火のまま待ちます。気になっても蓋を取ったりひっくり返したりしていると崩れたり、べたついたりしますから、強火のままで待ちます。水がなくなって焦げ目がついたら出来上がりです。フライ返しを使って皿にあけます。

-未分類

Copyright© 美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.