一度食べるとやめられない。和商コーポレーションの餃子のことを調べてみました。

美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて

未分類

ごまのコクが餃子とマッチする坦々風醤油の作り方

投稿日:

元々は中国が発祥となっている祝い事の席で出される料理である餃子は、中国との貿易が盛んになることで伝わり現在では日本各地の国民食になるほど人気の食べ物になっています。本場中国の餃子は野菜と肉を中心に厚めに作った小麦粉の皮に包んでゆでる水餃子が主流ですが、日本の場合では薄めに作った小麦粉の皮にお肉や野菜を混ぜた餡を包んで焼いて食べることが主流です。薄めに作った小麦粉の皮で焼いて作ることによって皮目が香ばしくなるだけでなくパリッとした歯ごたえが生まれ、さらに中身の餡のうまみとの相乗効果で食欲がわくからこそご飯のお供として定着したといえます。その餃子を食べるときにはそのままでもおいしいのですが、それでも大量に食べる場合単体ではさすがに飽きてしまいます。そこで大量に食べる場合に飽きさせない工夫にあるのが皮につけて食べるタレの存在です。タレにつけることによって味に変化を与えるだけでなく、タレのうまみも足されるので濃厚になりさらにご飯に合うおかずになります。

さっぱりタイプだと肉の餡の脂分がさっぱりするのでたっぷりと食べられます。たださっぱりタイプも食が進みますがやはり毎回だと飽きてしまうので、現在ではさっぱりタイプの醤油とお酢ベースのタレだけでなく様々な種類のタレが生み出されています。そのタレの中でもより濃厚さを味わいたいときにおすすめなのがごまのコクが餃子とマッチする坦々風醤油です。坦々風醤油は皮は麺そして中身の具が担々麺の具材にほぼ似ているので、その担々麺に使われるタレを応用すればよりおいしいタレが生まれるという考えです。その坦々風醤油の作り方は、ごまペーストもしくはごまペーストを様々な調味料と合わせた芝麻醤に辛みを与える豆板醤とにんにくとショウガそして鶏がらスープのもとにお湯そしてはちみつと醤油を用意します。いきなりごまペーストに醤油を混ぜてしまうと、ごまの油分に醤油がはじかれて分離してしまうのでニンニクとショウガそして鶏がらスープの素と豆板醤を混ぜて油分を中和させます。そして醤油を少しずつ入れてかき混ぜて、最後にこのままでは濃過ぎるのでお湯小さじ一杯分を加えて濃度を調節して出来上がりです。そして食べるときにより辛み成分を与えたいときには、坦々風醤油の中に唐辛子の辛み成分とうまみ成分を抽出したラー油加えるとより本格的な味わいになります。

-未分類

Copyright© 美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.