一度食べるとやめられない。和商コーポレーションの餃子のことを調べてみました。

美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて

未分類

まろやかさが餃子とマッチするマヨ醤油の作り方

投稿日:

まろやかさが特徴になるマヨ醤油は、材料のベースになるマヨネーズを用意しておけば、多彩なアレンジで楽しめるようになります。味わいに変化を与える場合でも、まろやかな風味が餃子とマッチするように工夫することで、味のバラツキが解消して安定した美味しさになります。

まろやかな風味にするためには、醸造酢の酸味を上手に抑えることが大切です。最初は長期熟成で酸味が穏やかな醸造酢を原料にすることで、丸みのある酸味を引き出せるようになります。一緒に使う卵黄についても、コクと甘味が豊富な種類を選ぶと、まろやかさが十分に引き立ちます。

作り方の最初には卵黄と醸造酢をボールに入れますが、通常の製法とは違って、ここで塩を加える必要はありません。塩の代わりに醤油を入れて、泡立器を使って混ぜていきます。次に油も入れて乳化を少しずつ進めていきますが、丁寧に行わないと分離してしまうことがあります。ここでは無駄な動きをせずに、乳化に必要な空気を少しずつ含めていけば失敗することがありません。この作り方は基本中の基本となりますから、甘さについては控えめな状態になっています。餃子と合わせる段階では、ニンニクなどの香味と調和しますから、全体的に見てもバランスが取れた味わいになります。

マヨ醤油を卵黄から作るのが面倒な場合には、市販のマヨネーズを使うこともできます。この場合には醤油が後から入ることを計算して、塩分は控えめになっているマヨネーズを使うことがおすすめです。最初にマヨネーズをボールに入れて、矯味のためにショウガの絞り汁も一緒に加えます。次に甘味が強い溜まり醤油を用意して、少しずつ垂らしながら泡立器で撹拌していきます。この状態では醤油のほうが乳化していない状態ですから、最初に全て入れてしまうと分離する可能性があります。少しずつ入れる段階では色合いも確かめて、濃くならない程度で調整すれば、バランスが十分に保たれた状態で完成します。この作り方にすれば餃子とマッチして、満足できる美味しさになります。

まろやかさを特に重視する場合には、先程の材料の中に練乳を少しだけ加える方法も使えます。酸味もあるコクを加えたいときには、ヨーグルトと砂糖を隠し味として使うこともおすすめできます。自然の甘味が欲しいときには、マヨ醤油の中に甘酒を少しだけ加えてみてください。こうすることで発酵調味料のような旨味が生まれ、餃子の風味と絶妙に調和します。

-未分類

Copyright© 美味しい餃子で知られる和商コーポレーションについて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.